無料の婚活アプリ

無料で利用出来る婚活アプリの効果は?

「婚活」と言う言葉が登場して久しくなりますが、その内容自体は以前からあったものです。以前は結婚相談所を利用すると言ったことに対する抵抗を感じてしまう人は大勢いたものの、認知度が高まってきたことで余計な偏見などを感じることが少なくなってきたことは非常に良い傾向です。

 

相談所を利用した場合、その相談所に登録している異性の中から「ほぼ確実にマッチングしてもらえる」と言うメリットがあります。結婚を前提にした利用者を相手に婚活をすることが出来るので、最初から「結婚したら」を前提にして話を進めていくことが出来るのでスピーディーに進んでいきます。しかし、これ自体は婚活アプリを利用した場合でも大きな違いはありません。

 

婚活アプリを利用するメリットとして、相談所と比べると料金が格安で済むと言う点です。相談所を利用した場合、月会費などは無料で済ませられることもあります。しかし、入会金や成婚料などで10万円~15万円程度のお金が必要になってくるので負担は小さくはありません。

 

その点、婚活アプリであれば月々2000円~3000円程度で利用することが出来ます。入会金や成婚料などが必要になることはあまりなく、月会費だけでサービスを利用していけると言う点が婚活アプリの大きな魅力と言えるでしょう。無料でサービスを利用することも出来ますが、メールのやり取り件数が制限されたり、コミュニケーションを取れる相手が制限されると言った違いがあるので、本格的に利用するのであれば有料登録が必須となります。

 

また、それ以外に様々なサービスを利用する為には「オプションサービス」などに加入する必要があります。こちらは加入しなくともそれほど大きな制限を受ける訳では無いので、コストとしては考えなくとも問題ないでしょう。

 

大手婚活アプリと言えば、「ゼクシィ恋結び」や「ユーブライド」などが有名です。他にも様々な婚活アプリがありますが、どうせ利用するのであれば出来るだけ有名なものを利用した方が良いでしょう。

 

その理由は「利用者が多いから」です。無料か有料かと言う違いはもちろん影響を与えますが、あまりメジャーでない婚活アプリを利用しても「対象者が少ない」と言う状態に陥る可能性があります。婚活アプリのメリットである「出会える対象者が多い」と言う部分が生かせなくなってしまうだけでなく、最終的に結婚まで行きつける可能性も低くなってしまうので注意しましょう。

最終的に結婚できる可能性はどちらが高い?

婚活女子

可能性の問題になりますが、最終的な結果に結びつきやすい方法は相談所の方でしょう。婚活アプリが圧倒的に劣っていると言う訳ではなありません。どちらの方法であっても一定の結果を期待することが出来ますが、「直接的な人的サポートを受けられる」と言う意味で相談所の方に軍配が上がります。

 

未婚の人全員が「恋愛下手」である訳ではありません。人並み以上の恋愛スキルがあるにもかかわらず、何らかの原因によって結果に結びついていないだけと言う状況もあります。その原因が分かっていて、改善可能なのであれば方法を限定する必要はありません。極端に言えば「無料の婚活アプリだけでも十分」である可能性もあります。

 

しかし、恋愛に対して自信が無い、コンプレックスを抱えていると言う人の場合は、何らかの形で直接的なサポートを受けなければ結果に結びつきづらい可能性が高くなります。よほど容姿が良いとか経済的な魅力があると言うことならば違ってきますが、平々凡々のステータスであるならば尚更です。

 

相談所を利用すると、カウンセラーやプランナーなどと呼ばれる立場にある人が親身になってアドバイスをしてくれます。必ずしも肯定してもらえると言う訳では無いのですが、むしろ積極的なダメ出しをしてくれることは大きなメリットになります。「なぜダメなのか、どうすれば良いのか」を客観的な目線から評価してもらえると、少しずつでも結果に近づいていきやすくなります。

 

「自分には高度な恋愛テクニックがある」と言う自負があり、これまでにも何度かそういった経験がある人の場合は婚活アプリでも十分です。むしろ、こちらの方が「自分の理想にマッチした相手に出会える可能性が高い」と言うメリットがあるので、相手に対して妥協したくないと考えているのであれば圧倒的に便利な方法になります。

 

ただし、こちらの方法では積極的なサポートを受けることが出来ない、全くサポート体制が無いと言う可能性があることを意識する必要があります。そのような状況で毎月お金を支払っていけば、最終的には相談所を利用したよりもはるかに高い金額になってしまう可能性もあります。相談所を利用したからと言ってすぐに結果に結びつくと言う訳ではありません。ですが、その可能性は高くなります。

 

最終的にどちらの方法を利用するのかは自分の判断です。客観的な自分の評価を基にして方法を選んでいくようにすることが大切です。